THE GO AND MO'S公演ブログ

第21回公演報告

THE GO AND MO'S 第21回公演『安藤の癖』

公演終了報告

日時
2015年12月19日(土)・20日(日)、3ステージ
19日(土) 19:00
20日(日) 13:00/17:00

会場
スペース・イサン(京都)

料金
予約 2,000円 当日 2,500円

クレジット
脚本・演出/黒川猛
出演/藤原大介(劇団飛び道具)、岡嶋秀昭、黒川猛、森本研典(劇団●太陽族)
構成/中川剛・黒川猛
音楽/Nov.16
舞台監督/北方こだち
照明/真田貴吉
制作・他/丸井重樹
チケット予約システム/シバイエンジン
主催・企画製作/THE GO AND MO'S

ラインナップ

「オープニング」…
いつもは「吹き出し」として、様々な人物の似顔絵に、
ありえない「吹き出し」をつけた画像で構成するオープニング。
今回は前説代わりのコメントをフリップに書き、
出演者が登場してめくる構成に。

コント「スパイ大作戦」…
第4回公演で初演、第7回、第19回と再演を重ねてきた「スパイ大作戦」を、
劇団飛び道具座長・藤原大介により上演。
アメリカのテレビドラマ「スパイ大作戦」をモチーフに作られたコント。
「おはようフェルプス君」ならぬ「おはようミスター八重樫」から始まる
“当局”からの指令。ICレコーダーから流れる指令に振り回される
スパイ・八重樫。全く噛み合わないと思われていた指令が
突然全てを見透かされているかのような展開に…。
戯曲そのものが持つ面白味を的確に表現する演技術。
クールさと緊張感から最後に崩壊するギャップを演じきりました。

コント「正義のヒーロー!!箱フェッショナル」…
第13回公演で初演した特撮ヒーローものコントを岡嶋秀昭により上演。
とある特撮ヒーロー(?)ものの撮影現場。
ヒーローに変身するために身につける“箱”のチョイスをめぐり
主人公の男とスタッフの意思疎通がうまくいかない。
ついに何を身につければよいのかわからなくなる主人公とスタッフたち…。
不条理感とコントの定石の絶妙のバランス。
主人公の男の熱血漢ぶりを、“かつての”岡嶋秀昭が本領発揮。
「箱で演りたないんか!!箱で戦っていくんやろ!!世間と!!」
は何度聞いても腹がよじれそうでした。

コント「The Simulation Comedy」…
今回唯一の新作。黒川自身により上演。
名作揃いの「コントカバー集」の中にあって、自身はどんな新作を…と悩み、
悩みに悩んだ結果、「ああ、悩んだんだな」というコントとなりました。
この人がこんな役をこんなシチュエーションでやったらどうなるか、
をコントに。
市川海老蔵がPKのキーパーに。
片岡愛之助が同じくキッカーに。
審判には萩本欽一が。コーチにロベルト、監督にM.C.A.T.?
それを一人で演り切る。
…今ここで説明するための文章を考えるのも困難なほど、意味不明…。

コント「超演出家~蜷川亜門」…
第17回・第19回公演、二回の東京公演と、gateで上演された作品を、
関西小劇場界のベテラン、森本研典氏により上演。
黒川が書きたい放題に書きっぱなしたコントを、堅実な芝居で創りあげる
森本さん。どこからどうしたらよいかわからない稽古初期から、段々と
“森本流”蜷川亜門に…。
最も先輩が最も大汗をかいて、最もクレイジーな役を必死で演じる姿に、
スタッフと出演者は爆笑だったのですが。
どうもお客様は置いてけぼりだった模様でした。残念です。

コント「客人一首」…
全員参加の即興コント、というか大喜利的ネタ。
お客さまから短歌の前半「5・7・5」を書いていただき、
残りを即興で創るというもの。
ゲネプロ(最終リハーサル)で一回だけ練習しただけのぶっつけ本番。
案の定、よくわからない結果に…。

「俺俺俺俺詐欺」…
本公演恒例のエンディング。
面白かった作品(の箱)にお金を入れるという、
入場料をとっておきながら見終わった後にもお金を要求する詐欺。
今回は4人のガチ勝負。
果たして誰に最もお金が入るのか。
この詐欺の肝は、“投票数”ではなく、金額によるというところ。
1,000円札が入ると一気に順位が変動します。
今回は黒川が客出し中に1,000円を握らされるという事件が発生。
「あんたのが最も下衆い」と言ってしまったお詫びだとか…。

結果はこちら。
第1位 岡嶋秀昭 3,612円
第2位 黒川猛 2,988円
第3位 藤原大介 2,798円
第4位 森本研典 2,402円
合計 11,800円
(被害額累計 93,592円)

終演後 物販…
DVD『英雄』総集編(800円)
第13回公演から第16回公演までの闘いと、チャンピオンがニューヨークで行ったスペシャル版を収録。
DVD『格闘』総集編(800円)
第7回公演から第12回公演までの闘いと、第11回公演で行った『生・身体』も収録。
DVD『身体』総集編(800円)
第3回公演から第6回公演、そして吹田メイシアターで行われた『身体~ライブ編』も収録した、総集編。
朗読CD『斉藤記念日』(500円)
「斉藤月曜美」から「斉藤日曜美」まで、それぞれから2作品づつ収録。フォトブック付。
サントラCDmini『中と俺』(200円)
THE GO AND MO'S のために作曲した、Nov.16の音楽集、第3弾。
サントラCD『丸と俺』(500円)
THE GO AND MO'S のために作曲した、Nov.16の音楽集、第2弾。
サントラCD『黒と俺』(500円)
THE GO AND MO'S のために作曲した、Nov.16の音楽集。

上演時間
約100分

動員
68名(+招待1名+関係者3名)

記録写真
こちら

  1. 2016/01/25(月) 03:15:49|
  2. 公演報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

goandmo

Author:goandmo
THE GO AND MO's
公演ブログサイト

2012年1月より本格始動した
黒川猛のパフォーマンス企画ユニット
次回は新シリーズ第5弾、
「黒川の笑 その5」
2017年8月27日(日)14時開始。
公式サイトはこちら

最新記事

カテゴリ

公演情報 (34)
公演報告 (27)
スタッフより (151)
素人ドリル (212)
名言集 (139)
当て字 (9)
『身体』Web編 (25)
百聞企画 (20)
斎藤とは (16)
松村とは (16)
洋一とは (16)
安藤とは (15)
利夫とは (16)
野村とは (15)
菜緒とは (16)
橋本とは (16)
山方とは (16)
上野とは (16)
徳永とは (16)
直樹とは (16)
宮崎とは (16)
岩田とは (16)
西原とは (16)
白石とは (16)
春子とは (16)
岡山とは (16)
松尾とは (16)
新海とは (16)
後藤とは (16)
小野とは (16)
高木とは (16)
THE GO AND MO'S? (2)
未分類 (9)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる