THE GO AND MO'S公演ブログ

百聞企画 20/20 【96-100】

96
舞台上でおっちゃんがヒーヒー言いながら、
なんとも言えない可笑しいことを
ノンストップでやったはる。
今日も平和でゆるゆる笑える。幸せだなぁ。
――永榮紘実(俳優)
今回、舞台袖で舞台監督的に働いてくれる永榮さん。なるか、スタッフ賞!

97
事前の観客アンケートを元に、
アドリブでつなげていくやつ(異名対決とか)が好きです。
入場料無料で「フリコミ詐欺」的に集金して、
あれだけで60分だめですか?
苦しむ様がたまらん。また奇跡が見たい。
――松村康右(自営業)
第5回ドキュメンタリーでひたすら走っていた松村さん。

98
黒川さんはずるい。
特にゲストの使い方がずるい。
特にM本さんの使い方はずるすぎる。
そろそろどっかの偉い人に怒られてもいいと思う。
――奥村朋代(音響家)
今回も音響協力で参加していただいている奥村さん。いつか怒られると思います。

99
そのやり方は、佐村河内氏の手法に似ているのかもしれない、
“大体こんな感じであとはたのむ”。
只、その期待に全人格を賭けて応える者たちがいる。
どんなに無責任に返しても必ず笑いに変えてくれることを信じて。
――宮崎宏康(現代美術作家)
ベトナム時代からの盟友・宮崎さん。6月にはN.Y.でグループ展が!!

100
ジャジャ~ン!…ではない。
テッテケテー!…でもない。
ホワホワホワワ~ン…これもちがう。
ドロロンドロロンベロベロバア…近いッ!
昭和の響き、黒川節。
味覚で言うなら、きなこ棒。
――信國恵太(音楽家)
やはり締めはこの人。Nov.16こと、信國さん。さすがのセンスです。


>>> 百聞企画とは

ハッシュタグ「#gomo100」
まとめサイト http://togetter.com/li/606436

2013年12月20日から、100日間に渡ってつぶやかれ続けた100字コメント。
ご協力いただいた100人の皆さん、本当にありがとうございました!!
不躾なお願いにもかかわらず、感謝です。

  1. 2014/03/30(日) 20:01:00|
  2. 百聞企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

百聞企画 19/20【91-95】

91
これは無駄な劇である。
しかし無駄がないとこの世の中はなりたたない。
そう思うと、これ程貴重な無駄な劇はない。
一度観ればその意味が分かる。
――稲川昌実(神主)
神のお言葉、ありがございます!今回のラインナップはまさに『無駄」そのものです。

92
ばかばかしい、でも確実に笑える。
笑った自分がちょっと恥ずかしかったり、
誇り高く感じたりします。
――黒川慈未(社会福祉士)
いつもありがとうございます。黒川の奥さん。

93
黒川猛の笑いは優しい笑いではないかも知れない。
しかし彼の攻撃的な笑いに身を委ねてみれば、
笑いのスパイラルに身悶えするだろう。
さぁ、あなたも勇気を出して黒川ワールドにいってみなされ。
――太田清伸(俳優)
ドキュメンタリー03でスナイパーを演じた太田さん!

94
THE GO AND MO'S の公演を一緒に観に行ける恋人同士がいたら、
それはもう入籍以上の関係である。
――重松よし子(俳優・よろずデザイン業者/ART COMPLEX)
うまい!「笑い」が合うか合わないかってそういうとこありますよね。

95
自分がコントをするなら
こういうことをしたいのかもしれん。
とベトナムからの笑い声をはじめてみた時に思いました。
THE GO AND MO'Sはまだ見たことがないので
見なければならんと思っております。
――藤原大介(俳優/劇団飛び道具)
いや、一度は観たことがある人のコメント集なんだけど…。落語は観て頂いていますから!


>>> 百聞企画とは

ハッシュタグ「#gomo100」
まとめサイト http://togetter.com/li/606436

いよいよ最終回、95-100を紹介。3/31配信。


  1. 2014/03/28(金) 20:00:00|
  2. 百聞企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

百聞企画 18/20【86-90】

86
「笑欲」。
人を笑わせたい、もしくは自分が笑いたいという欲求。
おそらくだが、黒川さんの中では、かの三大欲求に肩を並べている。
いや、それ以上のはず。
時に快楽に浸り、時に欲求不満に喘ぐ姿を見に僕は劇場へ。
ムキダシの人間はそれだけで十分面白い。
――堀江洋一(会社員)
ベトナム時代の名バイプレーヤー、堀江氏。そういう本人も「笑欲」強めです。

87
愛想笑いに終始する日常、いつしか笑い方も忘れ…。
でもそんな時ふらり、黒川流・笑い施術へ
GO&MO'S♪
ほぐしから大波まで、身を委ねられれば至福。
先ずは身構え探り合うのも、また一興かと。
――岩上めぐみ(主婦)
彼女が高校時代からの知り合い、めぐみちゃん。旦那さんまで巻き込んでごめんなさいねw

88
黒川さんはスルメみたい。
私は高校生の頃からずっと噛んでて、まだまだ味がしそう。
だからたぶんこれからも噛むんだろうなぁ。美味しいしなー。
見た目も全然かわらないなー。
と、チャリこいでる黒川さんとすれ違ってフワッと思う。
――軽尾千菜美(会社員)
宮崎宏康の元教え子、軽尾さん。ありがとうー。

89
まきまきうんこの落書きをするのが好きだったあなたに、おすすめ。
(現役の方にも、もちろんおすすめ)
――藤田瑞穂(アートコーディネーター)
いいんですか、こんなこと書いて、他のコーディネーターの皆さんwww

90
驚愕のフェイス&ボイス&エロス?
次回公演でエキストラ出演したいなって思ってしまいました(笑)
明日誰かに話したくなるこの必見のコントを、皆さんも是非ご賞味あれ~☆
――常磐俊輔(会社員)
黒川の義理の弟さん。うちのエキストラは過酷ですよ。


>>> 百聞企画とは

ハッシュタグ「#gomo100」
まとめサイト http://togetter.com/li/606436

次回は91-95を紹介。3/28配信。
  1. 2014/03/23(日) 20:00:08|
  2. 百聞企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

百聞企画 17/20【81-85】

81
とてもおもしろいと思いました。
とくに落語が。
――中川宙(小学6年生)
構成・中川剛の長男・そら。残念ながら、次回落語はありません。

82
お父さんと見に行ってて、
まい回1つはおもしろいげきがあって、
でも、ながくてつかれたりもするけど、
いけるきかいがあったらおすすめします。
子どもから大人までわらえるげきです。
ぜひきてみたらいいと思います。
――中川ゆい(小学2年生)
同じく長女。小2にしてこの上から目線。さすが親子。

83
でかちんでかぱいがおもしろかった。
――なかがわなつ(6歳)
同じく次男。6歳にしてこの趣向。先が思いやられます。

84
毎回毎回くだらないネタに
うっかり笑ってしまう自分が嫌いになりかけていましたが、
今では一周回ってこんなネタで笑える私っていい奴
と思えるようになりました。
いっそ自己啓発演劇として売り込んだらいいと思います。
――吉永美和子(ライター)
第7回公演推薦文
前回の大阪公演では推薦文を寄せてくださった吉永さん。いつもありがとうございます。

85
こないだ黒川さんとすれ違ったのに
確信が持てず声をかけ損ねた。
その直後に岩田さんと会ったので
「今、黒川さんとすれ違った?」と聞いたら
「確信持てなかったから声かけなかった」って。
あれは黒川さんでしたか?
――山口茜(劇作家、演出家/トリコ・A)
知らんがな!山口さん、ありがとうございます。


>>> 百聞企画とは

ハッシュタグ「#gomo100」
まとめサイト http://togetter.com/li/606436

次回は86-90を紹介。3/23配信。
  1. 2014/03/18(火) 20:00:21|
  2. 百聞企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

百聞企画 16/20【76-80】

76
観るたびに、笑っていい事•ダメな事のラインが世間からずれていき、
最終的には何が面白くて悲しくて怖くてエロいのか、
さっぱりわからなくなってしまう…。
彼の繰り出す笑いはそういう恐ろしい笑いです。
――山方由美(主婦)
ベトナム活動休止後もGOMOで声の出演を続ける山方さん。

77
たまに一人で飲みに行くと、
黒川さんファンだという人に出会う。
で、ひとしきり盛り上がる。
なんだろう、この遭遇率。
もはや何かの使命すら感じます。
あ、あまり公言したことないですが、
もちろん私もファンです。
――本郷麻衣(演劇公演制作者)
黒川ファンは基本隠れているようです。頼れる制作者・本郷さん。

78
とある飲み会でTHE GO AND MO'Sの命名の由来をこっそり聞き、
震えました。また見にいきます。
何が起こっても笑う自信があります。
――大熊ねこ(俳優/遊劇体)
遊劇体
どうも飲み屋で語られることが多いらしい、黒川。俳優のパンダさん。

79
下ネタ多目の作品では、後ろめたい笑いがある。
つまり、このネタで笑ってる自分見られたら
ちょっと恥ずかしいかな?と言う気持ち。
とは言いつつ、そんな後ろめたさも含めて嫌いじゃ無いんだなぁ、
むしろ好き。
――相内唯史(インディペンデントシアター・劇場プロデューサー)
インディペンデントシアター
「INDEPENDENT:12」「劇王」とお世話になった相内さん。

80
随分前から衣装として使われている、赤の入ったジャージ。
今回も登場するのかしらと観劇するときにチェックしています。
こういう楽しみを持っている者もおります。
――福原加奈(制作/NPO法人フリンジシアタープロジェクト)
NPO法人フリンジシアタープロジェクト
ご安心を!登場しますよー!!折り込みでお世話になっております、福原さん。


>>> 百聞企画とは

ハッシュタグ「#gomo100」
まとめサイト http://togetter.com/li/606436

次回は81-85を紹介。3/18配信。

  1. 2014/03/13(木) 20:00:12|
  2. 百聞企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

goandmo

Author:goandmo
THE GO AND MO's
公演ブログサイト

2012年1月より本格始動した
黒川猛のパフォーマンス企画ユニット
次回は新シリーズ第1弾、
「黒川の笑 その1」
2017年4月30日(日)14時開始。
公式サイトはこちら

最新記事

カテゴリ

公演情報 (34)
公演報告 (24)
スタッフより (150)
素人ドリル (212)
名言集 (139)
当て字 (9)
『身体』Web編 (25)
百聞企画 (20)
斎藤とは (16)
松村とは (16)
洋一とは (16)
安藤とは (15)
利夫とは (16)
野村とは (15)
菜緒とは (16)
橋本とは (16)
山方とは (16)
上野とは (16)
徳永とは (16)
直樹とは (16)
宮崎とは (16)
岩田とは (16)
西原とは (16)
白石とは (16)
春子とは (16)
岡山とは (16)
松尾とは (16)
新海とは (16)
後藤とは (16)
小野とは (16)
高木とは (16)
THE GO AND MO'S? (2)
未分類 (8)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる