THE GO AND MO'S公演ブログ

次回公演

次回公演

THE GO AND MO'S 
「黒川の笑 その16」
10月20日(日)14時
伏見いきいき市民活動センター(京都)

KYOTO EXPERIMENT 2019 フリンジ オープンエントリー参加

>>>LINK 

予約開始は9月20日より


第28回公演 
11月第4週
円頓寺 Les Piliers(名古屋)


詳細は公式サイトにて


  1. 2022/01/01(土) 00:00:00|
  2. 公演情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第27回公演報告

THE GO AND MO'S 第27回公演『佳世の花』
公演終了報告

日時
2019年9月
7日(土) 14:00/19:00
8日(日) 14:00
3ステージ
各回終演後にポスト・パフォーマンストークを開催

会場
RAFT >>>LINK

料金
予約1,800円  ペア 3,000円  当日2,000円

クレジット
脚本・演出・出演/黒川猛
構成/中川剛、黒川猛
音楽/Nov.16
制作・他/丸井重樹
主催・企画製作/THE GO AND MO'S
ポスト・トーク&「今コントやってるから!!!!!!!!!」ゲスト
1st 樋口ミユ(plant m)
2nd 冨坂友(アガリクスエンターテイメント)
3rd 三遊亭はらしょう

ラインナップ
漫談「サイボーグ」…
漫談シリーズの中で最も再演されているネタ。
いよいよ磨きがかかり、無駄な要素が削ぎ落とされてきました。
人類を襲う悪の組織から守るため、身体の一部をサイボーグに改造して、
闘うことになった黒川が、どこをどのように改造するのかを選択する、
様を観て笑う。
私たちと同世代、あるいは少し上の人たちにはどうも、
「三代目ギルモア博士」がツボらしい・・・。

コント「検査」…
こちらも「黒川の笑」「京都コントレックス」「黒川の旅」と
再演を重ねてきた安定のネタ。
再々再演にあたって、オチを少し書き換え、完全版となった感があります。
なにかの検査に来たらしい黒川が、
聞こえてくるアナウンスに振り回される。
「それで一体何を検査しているのか」
「果たして自分はどこを検査されているのか」
アナウンスが録音だと思っていた人も多いが、
全てライブでした。
3回目の回にはライブアナウンス中に途中入場のお客様が2組も入ってきて、
焦りました・・・。
(今回の会場では、受付ブースがPA席でした)

講談師「藤子紋之丞」…
前回公演、「黒川の旅」に続いての再々演。
ようやく黒川流「講談」のやり方が分かってきました。
語られる内容は、日本で最も有名な漫画/アニメである、
「ドラえもん」の「暗記パン」のストーリー。
目の前の机をバンバン叩き、
しかも今回は途中立ち上がって見得を切るという、
講談師が見たら怒られるんじゃないかという仕上がりに。
「のび太さんのエッチ」と言うしずかちゃんの台詞の
似てなさに驚きます。
テンポと間が命、最も演劇的かつ演技力を必要とするネタでした。

「体操のお兄さん」…
もう何度やったかしれない「コンチン体操」。
※何度もいいますが、「ちんちん体操」ではありません。
今回、照明スタッフを帯同できなかったため、
安っぽいミラーボールを導入。
よりチープな空間になり、嘘くささが増し増しになりました。

創作落語「鼻」…
2017年の最優秀落語賞にも輝いた「鼻」。
今回、過去の映像を見直して不要な部分を切り落とし、
黒川流落語に当てはめた演出を活かして再々演。
芥川龍之介の「鼻」、あるいは宇治拾遺物語の「鼻長き僧の事」
を元にした、創作落語。
鼻が大きすぎて何を言っているのかわからない僧侶と、
その弟子がどうやったら話ができるようになるか・・・。
ポスト・パフォーマンストークに本物の落語家を招いていたので、
本気で挑みました。

コント「今コントやってるから!!!!!!!!!」…
「黒川の笑」で始まったコントシリーズもこれで9回目。
あるコントを上演しようとしている黒川の元にゲストが乱入してくる。
相談、提案、文句・・・。
前回はコントに参加しようとするゲストまで登場し、
どんどんハードルが高くなってきたこのシリーズ。
今回の東京公演では、ポスト・パフォーマンストークのゲストとしてお呼びした
3人に、このコントにもゲストとして参加していただきました。
1st 樋口ミユ(plant m)
黒川を「コントで革命を起こす作家」と勝手に妄想し、
当局が黒川を監視するために開発した「ハエロボ」(!?)から
黒川を守る目的で乱入。
登場するなり丸めた新聞紙で黒川をボコボコに殴り、
「大丈夫、私が守るから!  コント続けて!!」
なんなんだ。
最後は、最初の漫談「サイボーグ」とつなげて、
「改造の日程が早まった」と黒川を連れ出した。
さすが劇作家、見事!!
69555712_2408240599441939_6058490544298917888_n.jpg

2nd 冨坂友(アガリクスエンターテイメント)
Nov.16の音楽に注目し、JAS○ACの潜入捜査員として乱入。
「この音楽は使用の申請をされていますか?」
いや、全てオリジナルの楽曲なんですけど・・・。
「オリジナルであっても申請は必要なんですよ、例えば…」
と、様々な例を淡々と例示。
最後は「そもそも、ちんちんの歌は猥褻物陳列罪にあたります」
と黒川をしょっぴくことに。
DSC_0454.jpg

3rd 三遊亭はらしょう
直前に行われた創作落語のダメ出しで登場。
「扇子の置き方がおかしい」から始まり、
本物の落語家としておかしな点を次々と…。
ところが、次に出てきたときには「弟子にしてください」と
寝返り、「実は全てが新しい!素晴らしい」となって、
今の師匠がいる家まで黒川を連れて行くことに。
DSC_0478.jpg

「体操のお兄さん~ファイナル」…
こちらも何度となく踊っている「ちんちんカーニバル」。
・・・実は、過去2回の東京公演でもやってます。
広い場所でやると体力を消耗するので、
今回の会場ぐらいがちょうどよい広さでした。

「ナカナカノ詐欺」…
入場料を取っておきながら、気に入ったコントにお金を入れてもらう、
という詐欺。
結果はこちら。
第1位 今コントやってるから!!!!!!!!!! 2,516円
第2位 漫談 サイボーグ 2,095円
第3位 体操のお兄さん~ファイナル 1,822円
第4位 検査  1,585円
第5位 創作落語 鼻 1,305円
第6位 体操のお兄さん 981円
第7位 講談師 藤子紋之丞 871円
合計 11,170円
(被害額累計 210,843円)
このコーナーでは稽古量に比例してお金が集まりません。
今回もほぼアドリブの「今コント」が1位でした。
まあこれはしょうがないですね。
その後のランクは「完成度」「鉄板度」のランクかなと思います。
講談師はまだまだ伸びしろがある、ということ、
と理解して、精進します。

終演後 物販…
DVD『五輪』総集編(800円)
DVD『英雄』総集編(800円)
DVD『格闘』総集編(800円)
DVD『身体』総集編(800円)
朗読CD『斉藤記念美』(500円) 
サントラCDmini『中と俺』(200円)
サントラCD『丸と俺』(500円)
サントラCD『黒と俺』(500円)

上演時間
約90分

動員
35名(内関係者3名)
今回も、最も反省すべきは、本公演で3ステージも上演して、
この出来映えだったにも関わらず、動員が50人を切ったことです。
4年ぶりの東京公演ということで、
どうやって広報すればよいのか、何が最も効果的なのか、
リサーチ不足だったことは否めませんが、
東京で、キャパ30席×3ステージで、100人集めることができなければ、
もはやどこで何をやっても無理じゃないのか・・・。
と、制作は相当へこみました。
11月には次の本公演で名古屋公演が控えています。
へこんでいる場合ではないので、前を向いて、
何をすべきか考えたいと思います。


  1. 2019/09/13(金) 00:04:00|
  2. 公演報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第27回公演『佳世の花』まもなく

第27回公演『佳世の花』
まもなくとなりました。

4年ぶりとなる3度目の東京公演。
近年発表したコント傑作選となっています。
東京近郊にお住まいのお知り合いの皆さん、
ぜひともご来場いただきたく。

80分だけ私たちにください!
どうぞよろしくお願いいたします。

なんと予約がまだ一桁です。
3ステージで、一桁です。
このままでは(予算的に)東京に行けもしません。
いや、行くんですけども。

今から10倍に増えても入れます。
お時間ある方、ぜひご来場ください。
お待ちしています!!

予約はこちらから


  1. 2019/09/01(日) 21:19:00|
  2. スタッフより
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒川の笑 その15 公演報告

THE GO AND MO'S 『黒川の笑 その15』
公演終了報告

日時
2019年7月28日(日)14:00、1ステージ

会場
伏見いきいき市民活動センター会議室305

料金
100円(終演後、いくらでも)

クレジット
脚本・演出・出演/黒川猛
構成/中川剛・黒川猛
音楽/Nov.16
制作・他/丸井重樹
ゲスト/ロシュフォール姉妹 FBページ
主催・企画製作/THE GO AND MO'S

ラインナップ
漫談「ケーシー高峰」…
今回は漫談の前にちょっとしたフリートークを挟みました。
これから始まる下ネタ祭にジャブを打つという名目で・・・。
漫談は今年の4月に亡くなられたケーシー高峰さんをモチーフに、
次の「黒川の笑」でやる"お色気漫談"のネタを選ぶ、という趣旨。
お坊さんに扮した「お色気お経漫談」
車掌に扮した「お色気アナウンス漫談」
裁判長に扮した「お色気パントマイム漫談」(なんで??)
ボディビルダーに扮した「お色気アルファベット作文漫談」
将軍(!)に扮した「お色気偽ハングル漫談」(!!!)
どれをやるかはお客さんの挙手で決定。
予想に反して「お色気パントマイム漫談」が選ばれました。
果たして次回、上演されるのでしょうか・・・。
面白くなりそうな気配がありません。

コント「マクドナルドヨガ」…
椅子ヨガ、リラックスヨガ、夜ヨガ・・・。
空前のヨガブームに乗っかって挑んだ「マクドナルドヨガ」。
打ち合わせ時点から我々は爆笑していたのですが、
やはり客席はポカーンとしてましたね。
もう少しやりようがあったなと、反省。

映像「MouTube#3」
映像コント「MouTube」第3弾。
「MouTuber」なるアーティストによる映像に、
黒川と丸井がツッコミを入れる、というネタ。
今回のMouTuberは「ARAKIN」
自称「HIKAKIN」の妹(もちろん嘘)。
1988年発売の「ロックマン2」を本日発売と偽り、
画面に割り込んでくる子供を
「HIKAKINの子供のBOHKIN」と偽り、
ロックマン2の内容を
「節分の面、ひな祭りの面からクリスマスの面まである、と
カプコンから聞いております」と偽り、
しまいには、全く自分でゲームを操作していない事が判明など、
突っ込みどころが満載すぎて、
「多い!しんどい!!」と黒川に言わしめた回でした。
映像は公式サイト「7 映像 チャンネル」で見れます。

創作落語「怪談」…
夏になるとあちこちで行われる「怪談」。
そしてやはり夏になるとあちこちで行われる「猥談」。
ホントかどうか知りませんが、黒川の下ネタ度も夏のほうが高いのだとか。
梅雨も明け、夏真っ盛りに行われた創作落語「怪談」は、
怪談らしき話を始めた男の話の内容が明らかに「猥談」だ!
というネタ。
そしてそもそも話を最後まで聞いてみると、
怪談でも猥談でもなく・・・。
最前列で幼児4人(とその親)に出迎えられつつ、
狂気の形相で猥談を語りきった黒川は、ある意味すごいです。
(むしろ幼児でよかったのかも・・・)

コント「引退会見」…
蟹沢選手の引退会見場。
プロ生活を引退する蟹沢選手が最初で最後となる会見で、
マスコミの皆さん(=観客)から質問を受付、応える、というネタ。
お客様には受付で事前アンケートを配布。
架空で良いので自分の所属と名前、
蟹沢選手に質問したいことを書いていただいていました。
挙手してそれを読んでもらう、という趣向です。
さすがは「黒川の笑」のお客さんたち、ツワモノ揃いでした。
会場がザワザワした「生協新聞のウマナミ」さんや、
「週刊ボブスレー」さん「河出書房新社 文芸部」さんなど、
ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。

コント「今コントやってるから!!!!!!!!」…
警察の取調室らしき場面、刑事が容疑者を問い詰めていると、
突然舞台に外から人が入ってくる。
「いや、今コントやってるから!!」
というコント。
タイトルの「!」の数だけ続いており、今回で8回目。
今回のゲストは、なんとロシュフォール姉妹さん。
kuro15_imaconte09.jpg  kuro15_imaconte07.jpg
「金石・・・」で始まるコントに、キャラクターとして参加しようとする
という暴挙(!!)に出ました。
楽しかったです、ありがとうございました。

上演時間
約80分

動員
17名(内乳幼児1名、幼児4名)

  1. 2019/07/29(月) 20:45:00|
  2. 公演報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第3回縁劇フェス 終了しました

「笑い」をテーマにした演劇フェスティバル、
第3回縁劇フェスが終了しました。>>>LINK

THE GO AND MO'Sは
漫談「ご当地ヒーロー」
「体操のお兄さん」
コント「床」
「体操のお兄さん~ファイナル」
というラインナップ。

演劇フェスティバルなのに演劇を一つもやらず(!)、
よーくしゃべる漫談と、
ひと言も台詞がないコントと、
目を覆い耳を塞ぎたくなる体操を2本。
ある程度の爪痕は残せたのではないかと思います。

主催者がゲネの写真を撮ってくれました。
こちらからどぞ。
撮影は日本写真映像専門学校の学生さんだそうです。
舞台写真なのに、
カメラマンに寄っていってカメラ目線を頻繁に投げる俳優に
きっと困惑したことでしょう・・・。すいません。

ちなみに他の参加団体は、
中野劇団
かよこの大発明
オパンポン創造舎
洒落乙企画。
三等フランソワーズ
ババロワーズ ラボラトリィ
河田全休
でした。

ほとんど知らない団体で、観客もほぼ初めましてのアウェー戦。
それにしてはウケてたのは、鉄板ネタを持っていったかいがありました。

THE GO AND MO'Sと黒川猛は、今後も呼ばれればどこへでも参ります。
色んな人に「こういうところに出るのは意外だ」的なことを言われましたが、
2012年旗揚げのまだまだ若手!!(45歳!!!)
ぜひお声掛けください。
出会いを求めています!!(色んな意味で!!!)

さて、他の参加団体の感想を少しだけ。


続きを読む
  1. 2019/06/13(木) 16:50:05|
  2. 公演報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

goandmo

Author:goandmo
THE GO AND MO'S
公演ブログサイト

2012年1月より本格始動した
黒川猛のパフォーマンス企画ユニット
次回公演は「黒川の笑 その16」。
公式サイトはこちら

最新記事

カテゴリ

公演情報 (40)
公演報告 (46)
スタッフより (175)
素人ドリル (214)
名言集 (141)
当て字 (9)
『身体』Web編 (25)
百聞企画 (20)
斎藤とは (16)
松村とは (16)
洋一とは (16)
安藤とは (15)
利夫とは (16)
野村とは (15)
菜緒とは (16)
橋本とは (16)
山方とは (16)
上野とは (16)
徳永とは (16)
直樹とは (16)
宮崎とは (16)
岩田とは (16)
西原とは (16)
白石とは (16)
春子とは (16)
岡山とは (16)
松尾とは (16)
新海とは (16)
後藤とは (16)
小野とは (16)
高木とは (16)
THE GO AND MO'S? (2)
未分類 (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる