THE GO AND MO'S公演ブログ

次回公演

次回公演

第35回公演「稲川の神」
2024年3月15日(金)~17日(日)
SPACE LFAN(京都)

チケット予約はこちらから
詳細は公式サイトにて


  1. 2023/12/29(金) 14:49:19|
  2. 公演情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

制作が勝手につぶやく「稲川の神」見どころポスト まとめ

THE GO AND MO'S 第35回公演「稲川の神」
制作が勝手につぶやく見どころポストまとめ


THE GO AND MO'S 第35回公演『稲川の神』
制作がつぶやく見どころポスト始めます。 
THE GO AND MO'S(以下GOMO)って何?
どんな作品?何が面白いの???など、本番直前まで毎日発信! 

GOMOは京都を拠点に活動するコントユニットです。
代表・脚本・演出・出演を一人で手掛ける
黒川猛が考える新しい「笑い」を、
コント・漫談・創作落語・講談・体操・映像・音楽・詐欺など
ありとあらゆる方法で表現しています。

3月15日(金)~17日(日)4ステージ、
SPACE LFAN(旧スペース・イサン|京都)での第35回公演は、
THEATRE E9 KYOTOでの本公演から約1年半ぶり、
黒川とゲスト4人+1組をお招きしての
1人コント、2人コント、3人コントの5本コントオムニバスで送る
超濃密な80分!!

今回招聘したゲストはF.ジャパン(劇団衛星) @fatsjapan 、
大熊ねこ(遊劇体) @pandafulworld 、岡嶋秀昭 @okajimade 、
ボブ・マーサム(THE ROB CARLTON) @Bob_Mursum 、
ユニット美人(黒木陽子・紙本明子)@unitbijin_bot (50音順)
今回も震える豪華キャストになりました!!



●タイトルとチラシ
GOMO本公演のタイトルは一貫して『**の×』です。
**は、公演会場が京都の時は姓、京都外の時は名です。
公演回数が奇数なら黒川の大学以降の知り合い、
偶数なら高校までの知り合いの名前が採用されます。
「稲川の神」…意味はありません。語感と面白さだけです。

ちなみに今回は第35回公演(奇数)で、
「稲川」は黒川がかつて働いていた場所の長で、
長年にわたりお世話になった方のお名前です。
恐れ多くて「神」なのか、敬意を表しての「神」なのか、
その人が「神」がかっているのか、はたまた別の意味なのかは、
知る人ぞ知る。

本チラシも毎回黄色基調(京都外に行くときは日本地図)で、
モチーフの乗り物が公演12回毎に変わります。
gomo35_flyer_omote.jpg
タンデム自転車→馬→ボート(今ココ)。
ボートのチラシも次回で最後ですね。
公式サイトにチラシギャラリーあります。

GOMOでは本チラシの他に折込専用チラシを作成しています。
35_orikomi.jpg
こちらは片面印刷なので、裏面はメモ用紙として再利用できますので、
何枚も手に取る方はリサイクルしてください。
いずれも特設サイトでPDFがダウンロードできます。



●作品紹介
俳優紹介01 F.ジャパン @fatsjapan
FJさんとの出会いは2014年の映像コント「KIGEKI」でした。
その後「黒川の笑その12 DX」のゲスト、「妄想コント」を経て、
初めてガチでコント創作に取り組んだのが「黒川の笑 その25」で、
その時創作したのが今回上演する「未来」です。

その見た目からは想像し難いほど緻密で繊細な演技に加え、
ファシリテーターとして演劇とは?演技とは?
を考えている理論派でもあります。
しかし、そんなことお構いなしに見た目通りのキャラを要求する
GOMOコントでも十二分に存在感を発揮してくれます!

「未来」黒川×F.ジャパン
何十年先の未来では、過去にも未来にも行けるように
なっているのでしょうか。
未来を知ることは果たして幸せなのでしょうか。
GOMO得意のエセSF・タイムパラドックス!ですらない、
FJさんの容姿を最大限悪用した、
ただひたすらバカバカしいドタバタコント。

「未来」といえば、宮崎駿初監督作品のアニメーション
「未来少年コナン」が舞台化されるそうです。どうやって?!
まあ、「風の谷のナウシカ」が歌舞伎になり
「ジョジョの奇妙な冒険」がミュージカルになるんですから、
もうなんでもありです。無事に初日が開くといいですね。
私たちの舞台も。

俳優紹介02 大熊ねこ @pandafulworld
最初の出会いは確か「劇研のど自慢」。
その後「黒川の笑 その15」( #ロシュフォール姉妹 のマネージャーとして)、
「妄想コント」、「黒川の笑 その18」を経て、
第34回公演「中村の嘘」に出ていただくことになりました。

俳優紹介02 大熊ねこ
「黒川の笑 その18」で魅せた爆発的な演技と心臓の強さ、
所属劇団「遊劇体」での圧倒的な存在感を見込んで製作した
「ファンタスティック歌劇団」は、見込み以上の成果を上げ、
今回の本公演はこれを再演するために仕組まれたといっても
過言ではありません。

「ファンタスティック歌劇団」黒川×大熊ねこ
ミュージカル女優を目指す女の奮闘を描き大好評を得た
前回公演作品を再創作。恥もプライドもかなぐり捨てて役に挑む
大熊さんの姿は、誰もが若かりし頃に経験した、あるいは憧れた、
汗と涙と笑いの青春グラフィティコント!ある意味本当です!

「ファンタスティック歌劇団」とは実は
「妄想コント」の1演目でもありました。  
特殊能力を持った7人の女性エスパーが地球を守るという…。
こちらも豪華な俳優陣です。ただし「妄想」ですから、
お客さまの頭の中でしか上演されていませんよ。

俳優紹介03 岡嶋秀昭 @okajimade
岡嶋さんとの出会いは2014年の映像コント「KIGEKI」でした。
その後、第21回公演で「正義のヒーロー!!箱フェッショナル」
第24回公演では「デカチン刑事」という、
元々黒川が演じた一人コントを見事にリメイク、
ブレイクさせてくれました。

俳優紹介03 岡嶋秀昭
舞台上以外では驚くほど静かな岡嶋さんが
舞台に立つと放つオーラとエネルギーたるや、
黒川や制作と同じ歳とは思えません。
激烈な下ネタ「デカチン刑事」もあの熱量で演ると
感動的な物語に…いや、ならんけど!
ともかく、今回も異様なテンションで演りきってくれるはず!

「正義のヒーロー!箱フェッショナル」岡嶋秀昭
新ヒーロー番組の撮影現場。ヒーロー俳優の葛藤、苛立ち、矜持…。
再演からも約8年、世間も岡嶋さんも私たちもずいぶん変わりました。
2024年の箱フェッショナルの行方はどっちだ!?
熱血ヒーローコント!の姿を借りた超ナンセンスコント!!

「正義のヒーロー」はとかくコントになりやすいですね。
これまでに黒川も、ライダー、戦隊もの、ウルトラマン、
様々なヒーローをコントにしてきましたが、
このコントはそのどれとも似てません。
私たちも未だにどういう話なのかよく理解出来ていません。
そんなことはどうでもよいのです!

俳優紹介04 ボブ・マーサム @Bob_Mursum
初めてお会いしたのはロームシアター京都のトークイベントの
前座(!)に呼ばれた時でした。
その後「黒川の笑 その12 DX」でゲストに来ていただきましたが、
がっつりコントをご一緒するのは今回初めてです!  楽しみ!

俳優紹介04 ボブ・マーサム
黒川とは高校時代ラグビーをしていたという共通点があります。
ボブさんが所属するTHE ROB CARLTONが
コメディを主体としているという点も同じですが
「笑い」のテイストは似て非なるもの。
どこまで黒川コントに染まっていただけるのか、ご期待ください!

「お通夜」黒川×ボブ・マーサム
突然逝ってしまった姉のお通夜に現れた男との何気ない会話に、
違和感を抱く弟…。
GOMO大好き火曜サスペンス劇場も真っ青の本格推理コント!
なんて出来ません!!
茂山千之丞さんと創作したコントをボブ・マーサムさんと再創作します。

「お通夜」めちゃ楽しい!て人はさすがに不謹慎ですが、
不謹慎を逆手に取ったドラマが人気です。
もうある程度何をやっても面白い、理想のシチュエーション。
昭和の私たちには懐かしさ満載なわけですが、
令和の若人はあれをどう見るんでしょうか?
どうあれクドカンは流石ですね。

俳優紹介05 ユニット美人 @unitbijin_bot
ちゃんとお会いしたのは2018年、笑の内閣 @warainonaikaku 
高間響氏プロデュースの「京都コントレックス」という
コントイベントでした。
その後「黒川の笑 その24」に出ていただき
今回のコント「ノスタルジー」が生まれました。

俳優紹介05 ユニット美人
黒木陽子さん @yellowkiosk と紙本明子さんのコンビで
ブルマ姿であることばかりが目立ちますが
「笑い」に賭ける情熱と二人の息の合い具合には感服します。
その場で出たお題「漫才コンビ 卍固めレディース」をやらされた時も
即興で完璧にポーズ決めましたからね…。

「ノスタルジー」黒川×ユニット美人
別れることになった夫婦。そこに現れる男の元妻は、
男が呼び寄せたのだという。当然始まる修羅場を乗り越える術はあるのか。
三人に共通するノスタルジーとは。
黒川とユニット美人による、GOMO始まって以来の
ラブ・ヒューマン・コント!なわけがない!

「ノスタルジー」は過去を懐かしむことを意味する仏語。
フランスといえば1889年のパリ万博(この時エッフェル塔が建設された)会場から
物語が始まる「ふしぎの海のナディア」ですね。
これもノスタルジーに溢れた作品でした。
大阪万博(とあのリング)は100年後まで語り継がれるでしょうか?



●会場について
今回の会場はSPACE LFAN。
かつて「スペース・イサン」と呼ばれていた場所です。
京都の老舗劇団の舞台監督を引退したオーナーが、
1990年代前半に若い演劇関係者が上演できる場所をと
私財を賭して建てられた小さな会場で、
GOMO前身の劇団「ベトナムからの笑い声」のホームグラウンドでした。

住宅地のただ中にある故の近隣にお住まいの方とのトラブルや、
癖強のオーナーとの丁々発止のやり取りを含め、
とても思い入れのある会場でした。
第10回公演「モロッコ」では京阪電車の前面を
天井から振り落とすという無茶な演出にアイデアをくださり、
見守っていただいたこともありました。

前オーナーが亡くなった後、
数年前から新たなオーナーさんが意志を継いで
少しづつ傷んだ会場を修繕し、
ワークショップ会場などとして稼働させていることを知り、
何がなんでもお会いして、公演をやらせていただきたいと考え、
お願いに伺い、今回の公演にこぎつけました。

かつてのように稼働することは難しいとしても、
かつて「ベトナムからの笑い声」が、ここで上演した作品が認められ、
第1回大阪演劇祭キャンパスカップに出場し
劇団としての飛躍を遂げたように、
京都の若い舞台芸術関係者のステップアップを
後押しできる場所になれば!と期待しています。



●コントと再演
前回公演は黒川とゲストの「二人芝居」6本立てと謳っていました。
今回は「1人/2人/3人コント」5本立てです。
芝居とコント、実は演っている方はあんまりこだわっていません! 
でも演劇好きの人はコントと聞くと興味を失い、
コント好きの人は演劇/芝居と聞くと身構える傾向があるようです。

演劇とコントの境目って?
一昔前はともあれ、もはやあんまり区別なくなっているのでは?
というのが制作の実感です。
ただ両方に言えるのは、面白いかどうかは、
確実に俳優の力量が物をいう!ということです。
そういう意味で今回のゲストたちの力量は半端ないです。
間違いありません!

今回の5本は全て再演・再創作です。
脚本/演出/テクニカル全てに手を入れ、
ブラッシュアップして上演します。
なおGOMOと黒川の「笑い」の実験場「黒川の笑」
あるいは本公演で面白かったもの、
つまりお客さまが一度観て「面白かった」と言ってくださったもの
のみを選りすぐっています。

「笑い」はお客さまが笑っていただいてナンボです。
観てもらうことが初めての新作が面白い、を担保するよりも、
面白かった作品を、
時代/出演者/会場に合わせて深掘りし、違う角度で見直し、
更に面白くするほうが「笑い」にとっては近道では。
そんな本公演、面白くないわけがない!



●公演情報
お得に観劇する方法
SNS割やります!  twitter/Instagram/TikTokで
本公演のことを告知してくださった方は、
そのフォロワー数×1円分、当日受付にて入場料金を割引します! 

若い人割引やります! 
今回始めて30歳以下(1,800円)と
高校生以下(1,000円/4歳未満の方はご遠慮ください)の
料金を設けました【受付で要証明】。
いい歳のおっさんおばちゃんが、
こんなにくだらないコントをこんなに大真面目にやっている姿、
若い人たちに観てほしい!!昭和から令和へ!

3/16(土)18時の回終演後にポスト・パフォーマンス・トーク開催。
ゲストは俳優の坂口修一さん! @s_gucchi 
「妄想コント」「黒川の笑 その22」「黒川寄席DX」と
ご一緒した坂口さんに、黒川作品を演じる俳優の大変さと
面白さを語っていただきます!
(ポストトークのみの参加は出来ません)

THE GO AND MO'S『稲川の神』1人/2人/3人コントの
5本オムニバスによる超濃密80分!! SPACE LFANにて。
チケット予約はこちら  ご予約はお早めに!


京都芸術センター STUDIO OPEN DAY参加
GOMOが稽古場として利用している
京都芸術センターで行われる「明倫ワークショップ」は、
稽古場(=制作室)の利用者が無料で開催するWSや講座です。
STUDIO OPEN DAYはそれらを2日間でギュッと体験する催し。
GOMOも参加します!

GOMOが行う明倫ワークショップは、3/2(土)17:30-19:00 
「舞台芸術作品の推しを探せ! チラシから始める「制作」講座」
と題して、制作がチラシを元にして「制作」の仕事について解説します。
お好きなチラシを持ってご参加ください。
詳細は https://www.kac.or.jp/events/35400/

おまけ
2016年4月公演時の、劇団●太陽族の岩崎正裕さんと
黒川のポスト・パフォーマンス・トーク(抄録)が、
GOMO黒川のルーツに迫る、よき紹介になっています。
GOMOを知るきっかけにどうぞ。


  1. 2024/02/24(土) 00:00:00|
  2. スタッフより
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第35回公演「稲川の神」ポストトーク ゲスト決定!

THE GO AND MO'S「稲川の神」
ポスト・パフォーマンス・トークのゲストが決まりました!

俳優の坂口修一さんです!!

坂口さんは、2020年5月の「妄想コント」を皮切りに、
2021年10月「黒川の笑 その22」、
2022年10月 第34回公演「中村の嘘」、
2023年7月「黒川寄席DX」と、
3年連続でご出演いただいています。
gomo34_act2_100.jpg gomo34_act2_014.jpg
そんな坂口さんに、黒川作品に出演する難しさと楽しさについて、
語っていただいたいと思います。

坂口さんがゲストのポスト・パフォーマンス・トークは、
3月16日(土)18時開演の回終演後です。
現状、最も人気のある回ですので、ご興味のある方はお早めにご予約ください!

特設サイト → LINK
チケット予約はこちら → LINK

お待ちしています!!
  1. 2024/02/17(土) 14:00:00|
  2. 公演情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第35回公演「稲川の神」特設サイト オープン!

THE GO AND MO'S 第35回公演「稲川の神」
特設サイトを開設しました。
>>>LINK
fb_eventpage_gomo35.png

作品紹介や出演者のプロフィール、
顔合わせミーティングで撮影した写真などUPしてます。
本番まで、後1ヶ月半です。
稽古も始まり、告知も本格的に始めていきます。

皆さま、3月中旬、空けといてくださいよ!
劇場でお待ちしております!!
お楽しみに!!


  1. 2024/01/30(火) 14:00:00|
  2. 公演情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クロカワモーズ、2月の活動

クロカワモーズ名義で挑戦していたR-1グランプリ2023、
残念ながら2回戦で敗退となりました。
応援いただいた皆さま、どうもありがとうございました。

クロカワモーズの活動は続きます。
祇園にある「お笑い&BAR 1UP」というところで、イベントに参加します。

▼ 2/1(木) ピンの日  
>>>LINK
毎月1日を「ピンの日」として、ピン芸人が集まってネタ見せします

▼ 2/11(日・祝) コンビの日  *MCを務めます
>>>LINK
毎月11日を「コンビの日」として、コンビ芸人が集まってネタ見せします

▼ 2/17(土) ウンともスンともかんにんえ
>>>LINK
放送作家をお招きしてのネタ見せ会です

詳細はそれぞれのリンク先からどうぞ。

  1. 2024/01/29(月) 21:16:51|
  2. スタッフより
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

goandmo

Author:goandmo
THE GO AND MO'S
公演ブログサイト

2012年1月より本格始動した
黒川猛のパフォーマンス企画ユニット
次回公演は第35回公演「稲川の神」!!!
公式サイトはこちら

最新記事

カテゴリ

公演情報 (54)
公演報告 (69)
スタッフより (240)
大塚の術とは (13)
妄想コント (29)
素人ドリル (214)
名言集 (141)
当て字 (9)
『身体』Web編 (25)
百聞企画 (20)
斎藤とは (16)
松村とは (16)
洋一とは (16)
安藤とは (15)
利夫とは (16)
野村とは (15)
菜緒とは (16)
橋本とは (16)
山方とは (16)
上野とは (16)
徳永とは (16)
直樹とは (16)
宮崎とは (16)
岩田とは (16)
西原とは (16)
白石とは (16)
春子とは (16)
岡山とは (16)
松尾とは (16)
新海とは (16)
後藤とは (16)
小野とは (16)
高木とは (16)
THE GO AND MO'S? (2)
未分類 (4)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる